コンテンツへスキップ

多汗症の制汗剤の選び方

毎日寒い時でも、汗をかいてしまうのは多汗症であると思うことがあります。私の場合も、冬でもびっしょりと汗をかいてしまうことがあり、困ることが多かったです。寒いのに、汗が出てしまうのです。その結果、ますます体が冷えてしまい寒くなることがありました。特に満員電車の中で、汗をかいてしまうと心配ですね。それは、なんといってもほかの人に迷惑をかけてしまうのではないかと思い、心配をしていました。

それは、やっぱり一番心配をするのは汗の臭いです。多汗症の人が、通常の人の場合よりもちょっと汗が薄らいでいるので匂いがそんなにきつくないと思うこともありました。しかしやっぱり汗なので、臭ってしまうことが心配です。自分では、なかなか自分の匂いについてわからないことがあるみたいですね。自分が強い匂いを発している時でも、そのことに気づかないこともあるのです。

そこで考えたのは、制汗剤を使う事でした。それは、スプレー式のものを使うことにしています。スプレーだと簡単に使うことが出来るのでとても便利ですね。朝の忙しい時なので、やっぱり簡単にできるものが一番です。

そしてその制汗剤を選択するときには、無臭のものを選ぶことにしています。それはやっぱり、匂いがあるものだと汗をたくさんかいたときに、その匂いと一緒になってより強い悪臭を放つことがあるからです。無臭であることは、大切ですね。それと、できるだけ無添加で肌に優しい成分を配合したものを使うことにしています。

そんなこんなスプレー式の制汗剤を使っていたのですが、肌が弱いのでかぶれてしまいました。どや顔でスプレー式が便利と書いたのですが、前言を撤回します。そして、私が最終的にたどり着いたのがサラフェプラスというジェルクリームです。市販の制汗剤の場合、無理やり冷却して汗腺に蓋をするように形で汗を止める仕組みなんですね。そうすると、私みたいに肌が弱い人だと肌がかぶれる原因になります。その点サラフェプラスは独自成分で汗を止めるのではなく抑える効果が期待できるんです。完全に汗腺に蓋をするわけではないので、肌が弱い人でも安心して使える制汗ジェルなんです。サラフェプラスの口コミに関しては私の体験談をまとめたサイトを用意したので参考にしてください。サラフェプラス 口コミ